resident_2017

トップページ  採用情報  医師・研修医  初期研修医  よどきり研修医だより  よどきり研修医だより(2017年度)

よどきり研修医だより(2017年度)

2017年度

よどきり研修医だより第6号

2018年3月1日(木)に行われた海外医師招聘講演会の様子と、
2018年3月23日(金)に行われた研修終了式の様子をお届けします。

3月1日(木) 17:30-19:00  海外医師招聘講演会
講 師:ブリティッシュコロンビア大学、研修プログラム副責任者、小児科学教授(専門:小児救急)
    Ran D Goldman 先生

3月23日(金) 17:30-18:00  研修修了式
        18:15-20:00  討論会・懇親会

2017年度ベストレジデントの北口Dr.からのコメントです。

淀川キリスト教病院で2年間の初期研修を終えた北口と申します。

この2年間は、優しく熱心な指導医の先生方の下、お互いに切磋琢磨し合える同期、あたたかい先輩や後輩に囲まれ、各科での研修を積んでまいりました。

また、カナダの大学病院教授をお招きしての特別講義で英語のケースカンファレンスをさせていただいたり、北海道へき地での地域医療を経験したりと、日常の診療を超えて貴重な経験をすることもできました。

先日行われた研修修了式では、ベストレジデントという自分にとって過分な賞までいただき大変恐縮でしたが、改めて、2年間多くの方に支えられて多くのことを学ぶことができ、医師としての第一歩を淀川キリスト教病院で踏み出すことができ幸せだったと感じました。

2年間本当にありがとうございました!

研修医修了式に参加して感じたこと   ~ 研修医1年 N ~

私は1年間、2年生の先輩たちの研修に取り組む姿をずっと間近で見てきました。
先輩たちはすごく頼りになる存在で、私が困っている時はいつも積極的に助け舟を出して協力してくれました。
先輩たちの背中をみて、社会人のイロハを学んだと言っても過言ではないと思います。
その先輩たちが4月から様々な場所に行くのは寂しいですが、どこに行っても先輩後輩の関係は変わりません!!!
次に先輩たちにお会い出来た時、今度は私が先輩たちの手助けが出来るよう、残りの1年間しっかり研修に励もうと思います。

よどきり研修医だより第5号

2018年2月24日 第31回院内学会が新阪急ホテルにて開催されました。 
研修医発表を行った研修医2年目 上床Dr.からの報告内容を掲載させて頂きます。

当院での初期研修では、日常の診療業務の他に、研修医2年目に臨床病理検討会(CPC)、研修医学術発表など発表の機会が何度かあります。

中でも研修医発表は、興味のある診療科で上級医の先生の指導を受けながら、日頃の臨床での疑問点などについて研究し発表することが出来ます。
最優秀演題に選出されれば、毎年開催されている院内学会で発表の機会を頂けます。

今回、院内学会で発表させて頂いたことは大きな励みになりました。

夜遅くまでご指導頂いた腎臓内科の先生方を始め、多くの方々にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

理事長から敢闘賞を受賞しました。

よどきり研修医だより第4号

こんにちは。
もうすぐ卒業を迎える2年目研修医のKです。
この2年間を振り返ってみて、指導熱心な先生が多くいらっしゃる事や、和気藹々としながらも切磋琢磨できる同期がいる事が大きな魅力だったなと思いました。
改めて、淀川キリスト教病院を初期研修病院に選んで良かったとつくづく思いました。
医学生のみなさん、興味があれば是非見学に来て下さい。

よどきり研修医だより第3号

こんにちは。
報告が遅くなりましたが、昨夏、当院は臨床研修病院指定25周年記念会(OB会)を開催いたしました。
業務多忙にも関わらず、北は北海道から南は沖縄まで、全国から大勢のOBの皆様にお集まりいただく事が出来、とても活気溢れる会となりました。
広報誌【よどきり便り】に掲載された前研修医同窓会会長の重岡先生のインタビュー記事を貼付いたしますので、是非お読みください。

よどきり便り・記事