診療科・部門 / 外科系診療科

形成外科・小児形成外科

トップページ  診療科・部門  外科系診療科  形成外科・小児形成外科  睡眠時無呼吸症候群に対する外科的治療

睡眠時無呼吸症候群に対する外科的治療

上顎下顎同時前進術、オトガイ舌筋前進術について

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome: SAS)とは、眠っている間に呼吸が止まる病気です。睡眠の質が低下するために、熟睡感が得られにくく、日中の眠気を引き起こすことが知られています。またこの状態が長期間続くと、脳卒中や心臓病といった致命的な疾患の発症原因となることがあります。

睡眠時無呼吸症候群の診断方法

睡眠時無呼吸症候群の診断は終夜睡眠ポリグラフィーという装置を用いて行われます。

この装置を用いて、閉塞型呼吸イベント(閉塞型無呼吸+閉塞型低呼吸+呼吸努力関連覚醒反応)が1時間に15回以上観察される場合に、睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の治療は、装置を用いる方法と手術療法に大別されます。

装置を用いる方法

CPAP療法

鼻に装着したマスクから気道に陽圧をかけて、呼吸の補助を行う治療です。​

口腔内装置

下顎を前方にずらした位置で上下の前歯が噛み合うようなスプリント(口腔内装置)を就寝時に用いることで、気道が拡がった状態で睡眠させる方法です。

これらは無呼吸の原因を根本的に解決する方法(根治治療)ではなく、症状を緩和する治療(対症治療)になります。効果を持続させるためには、ずっと装置を使い続ける必要があります。

手術治療

上下顎同時前進術(当科で行っている方法です。)

上あごを10ミリ前進させることで、軟口蓋後方の気道を拡大させます。同時に下あごを前方に前進させることで舌の後方の気道を拡大させます。骨切りは上あごはルフォー1型骨切り術という方法を、下あごは矢状分割骨切り術という方法を用います。また下あごの先端部(オトガイ)も同時に骨切りして前進させます。上あごを前方に移動することで中咽頭(軟口蓋近辺)のスペースが、下あごを前方移動させることで舌の後ろのスペースが、それぞれ拡大することで呼吸がし易くなります。上下顎同時前進術は睡眠時無呼吸に対する外科治療の中で最も効果の高いものであることが証明されております。上下顎同時前進術は睡眠時無呼吸に対する外科治療の中で最も効果の高いものであることが証明されております。

上あごが前に突出しすぎて、見た目に問題が起きるようであれば、上あごの4番目か5番目の小臼歯の抜歯を行い、その位置で上あごを分割して、上あごの前方部を後方に移動させて側貌を整える術式を用います。(2-piece Le Fort1)

睡眠時無呼吸に対する顎移動術は、現在のところは健康保険適用ではありませんので、自費治療となります。

もちろん、明らかに下顎が小さいなどの顎変形症が原因となり、睡眠時無呼吸が起きている場合は健康保険を適用することができます。しかし、健康保険の適用となる治療法は、手術前に矯正治療を行わないといけないという制約があり、手術までに長期間を要することや、矯正を行っている間に顔貌の変化がでるといった欠点がありますこのような理由から、スピーディに治療を進めたい、顔貌の変化を最小限にしたい、というご希望の患者さんには、サージャリーファーストアプローチ(手術先行型顎移動術)という治療法をお勧めしております。

睡眠時無呼吸の改善目的で手術を行うのであれば、できるだけ早期に無呼吸を改善するのが合理的ですのでサージャリーファーストアプローチの良い適応と考えます。サージャリーファーストアプローチは健康保険の適用外となります。 

口蓋垂軟口蓋咽頭形成術(UPPP

口蓋垂(のどちんこ)とその周囲の口蓋を部分切除して減量することで、通気を改善させる方法です。

オトガイ舌筋前進術

下顎を部分的に骨切りして前方移動させることで、下顎骨裏面に付着しているオトガイ舌筋を前方に移動させて、気道を拡大する方法です。