診療科・部門 / 外科系診療科

産婦人科

産婦人科

私たちは周産期専門病院として出産、早産、妊娠合併症管理などの産科高次医療に携わり、婦人科疾患の手術、抗がん剤、放射線照射、緩和医療などの全人医療を行います。

産科

地域周産期センターとして周辺病院からの切迫早産、妊娠合併症の母体搬送を年間100例以上受け入れ、大阪府産婦人科診療相互援助システム(OGCS)の基幹病院と認定されています。切迫早産、双胎、妊娠合併症の管理と妊娠高血圧、前置胎盤、胎盤早期剥離、産科危機的出血などの集中治療に対応します。24時間365日小児科医と連携して周産期高次医療に携わり、周産期母体・胎児専門医を育成する研修施設基幹病院として認定されています。

2016年度2017年度2018年度2019年度
分娩数1,2331,3381,3141,183

また、「ウイメンズ&マタニティセンター・助産センター」では陣痛から分娩に至るまでお過ごしになれる分娩個室を6つ備え、年間約1,200の分娩を取り扱っています。リスクのない正常分娩も多く、自然な分娩を目指す助産外来および院内助産を積極的におすすめしています。
家の近くのクリニックで妊婦健診を受け、当院で分娩を行う里帰り分娩も積極的に対応しています。特に下記クリニックと密接に連携しています。

  • 松井レディースクリニック(上新庄)
  • 希咲クリニック(十三)
  • ヒロレディースクリニック(淡路)

産科専門治療

  • 助産外来、院内助産センター
  • 切迫早産、早産期の前期破水
  • 子宮頸管無力症
  • 子宮内胎児発育遅延
  • 双胎妊娠
  • 妊娠高血圧、子癇
  • 産科危機的出血、前置胎盤
  • 様々な合併症妊娠
  • 胎児奇形などの先天異常:口唇蓋裂、腹壁破裂、腫瘍など
  • 胎児心エコー、胎児健診エコーなどの胎児スクリーニング検査
  • 稽留流産に対する手動真空吸引法(MVAシステム)の使用について 

婦人科

婦人科では、子宮がん、卵巣がんの手術、放射線治療、化学療法、緩和医療などを行います。腫瘍内科、放射線治療科、緩和医療内科と連携したチーム診療で全人医療を目指します。卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮内膜症などの良性疾患を中心に腹腔鏡手術や子宮鏡手術を積極的に検討します。地域のクリニックとの連携を強化し、治療完了後は信頼できる連携クリニックを積極的に紹介させて頂いています。

婦人科専門治療

  • 子宮頸がん
  • 子宮体がん、卵巣がん
  • 抗がん剤治療
  • 放射線治療
  • 緩和医療
  • 妊娠をめざした生殖医療
  • 腹腔鏡手術
  • 子宮鏡手術
  • 子宮脱
  • 過多月経(ミレーナ)

HPVワクチン接種について

当院では、9価HPVワクチン(シルガード 9®)の予約接種を行っています。

施設認定

  • 日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
  • 日本産婦人科学会専門研修連携施設(神戸大学産科婦人科研修プログラム)
  • 日本周産期・新生児医学会母体・胎児研修施設基幹病院
  • 大阪府地域周産期母子医療センター
  • OGCS基幹病院(大阪婦人科診療相互援助システム:母体搬送の受け入れ)
  • 産科医療補償制度認定施設
  • 婦人科腫瘍委員会婦人科腫瘍登録施設
  • 日本女性医学学会認定研修施設
  • 生殖医療専門医制度研修連携施設
  • 日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設