診療科・部門 / 外科系診療科

外科・消化器外科

トップページ  診療科・部門  外科系診療科  外科・消化器外科

外科・消化器外科

診療方針

当院は大阪府がん診療拠点病院として高度がん診療を実践しています。がん治療の柱のひとつである外科では上部消化管、下部消化管、肝胆膵臓器の各分野に、豊富な経験を有した専門スタッフがそろっており、高度な外科治療を安全に提供しています。

 同時に当院の外科は「優しく、親切、フレンドリー」な外科を目指しています。患者さんから治療や療養に対する希望など、なんでも気軽に相談いただける雰囲気を大事にしたいと思っています。

チーム医療により最善の治療法を提供

腕の良い外科医がいても一人だけで安全、安心な手術はできません。各分野とも内科・放射線科・化学療法科・病理科と定期的に合同カンファレンスを開き、「がん診療センター」(下記リンク参照)としてチーム医療を提供しています。手術室や病棟で、外科医師、各診療科医師、専門看護師、コメディカルスタッフがそれぞれの職種の専門知識や技術をもって、チームとして患者さんに最善の治療を提供できるように全員で努めています。

手術後も安心の診療体制

手術後に自宅に戻られ生活する中で体調が急に悪くなっても、当院で手術を受けた患者さんは24時間365日対応の当院救急外来を受診していただけます、また地域のかかりつけの先生方ともすぐに連絡を取り合える関係を築いています。がんなどからくる症状に対しては緩和治療専門医師の支えもあります。当院の外科は、各診療科や部門のサポートのもと、患者さんにとって心強い環境を整えています。

主要な疾患

  1. 食道がん、胃がん、大腸がん
  2. 肝臓がん、胆道がん、膵臓がん
  3. ヘルニア、胆石症、虫垂炎、肛門疾患