診療科・部門 / 内科系診療科

緩和医療内科・ホスピス

入院の流れ/入院基準

新型コロナウイルス感染症の患者さんへの対応を強化するため、当面の間、他の病院からの転院を若干制限させていただきます。大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
なお、通常通りの受け入れ体制になった場合には、改めてご連絡させていただきます。

入院の流れ

ホスピス・緩和ケア病棟への入院の流れ

1.電話相談

がん相談支援センターの相談員が症状やご希望を確認させていただきます。

淀川キリスト教病院 がん相談支援センター

10:00~16:00(土・日・祝日を除く)

0120-364-489(フリーダイヤル)

音声ガイダンス後、9番を押し、「がん相談支援センター」へとお伝えください。

(電話相談から家族面談までの期間:約2週間

※火曜日に更新しています。

2.家族面談

・ホスピス・緩和ケア病棟医師とご家族の面談(面談時間は20分)
 ※紹介状(診療情報提供書)と放射線画像データをお持ちください
・入院についてのご説明

面談日:月曜日(午後)、金曜日(午後)

(家族面談から入院までの期間:約3週間

※火曜日に更新しています。

3.ホスピス・緩和ケア病棟 入院

ホスピス・緩和ケア病棟はすぐには入院できないのですか?

.時期により待機期間は異なります。直近の目安は「概要」ページに記載しておりますので、ご参考になさってください。緊急入院の受け入れは対応しておりません。家族面談時にご希望を伺い、おおよその目安をお伝えしております。待機期間中はその時の状態によるので、まずはお問い合わせください。

入院基準

ホスピス・緩和ケア病棟(成人)入院の目的と基準

入院の目的

次のいずれかに該当する場合

  1. 苦痛症状の緩和および在宅療養への支援
    原則1~2週間程度で苦痛症状を和らげる治療を行い、自宅等で過ごせるようサービスを整えて退院を目指す。
  2. 終末期ケア
    主治医により余命が1~2か月以内と予測され、苦痛症状が進行し、在宅療養が困難である。

入棟の基準

次のすべてを満たしていること

  1. 原則として、当院または他の病院にがんのために通院している、もしくは入院中である。
  2. 原則として、ご本人ががんであることをご存知で、がんを治す治療ができないことを理解しておられる。
  3. ご本人及びご家族が当病棟への入院を希望されている。
  4. 当病棟にて対応できない医学的状況ではない(人工透析、頻回の輸血、血小板輸血など)。
  5. 患者さんに対して、嘘をつかないコミュニケーションを大切にしたいとご家族が希望されている。

退棟の基準

次のいずれかに該当する場合

  1. ご本人およびご家族が退院を希望され、退院可能な環境が整えられる。
  2. 苦痛症状が緩和され、病状が安定し、在宅療養が可能と判断される。
  3. がんの縮小あるいは治癒を目的とした治療を希望されている。
  4. がん以外の病状の治療が優先される。
  5. 暴言・暴力・ハラスメント等、医療者及び他の患者さんへの迷惑となる発言・行動が続く。

お問い合わせ

淀川キリスト教病院 がん相談支援センター

10:00~16:00(土・日・祝日を除く)

0120-364-489(フリーダイヤル)

音声ガイダンス後、9番を押し、「がん相談支援センター」へとお伝えください。