診療科・部門 / その他の診療科

放射線診断科

放射線診断科

概要

放射線診断科は、直接初診の患者さんを受け付けることはありませんが、CT、MRIなどの画像診断、カテーテルを用いた血管の中の治療(Interventional Radiology)を診療業務としています。 画像診断や血管造影の手技を用いたInterventional Radiologyは技術の革新とともに急速な発展を遂げ、さまざまな疾患の診断や治療において大変重要となっています。MRIやCTの検査依頼は毎年増加の一途をたどっております。当院では、放射線診断専門医が診断を行っており、診断の精度を高めています。 近隣の開業医の先生方からも検査の依頼を受け付けております。

検査室のご案内

血管造影撮影室造影剤を使用して血管の撮影をします。
CT検査室放射線を使用して体の輪切りの写真を撮る検査です。
MRI検査室磁力を使って体の輪切りの写真を撮る検査です。
放射線TV検査室放射線を使って胃、腸などの検査を行ないます。
骨密度検査室骨の密度を放射線を使って調べます。
一般撮影室放射線を使って胸やお腹などいろいろな写真を撮る検査です。
RI室検査室ラジオアイソトープという特殊な薬を使って写真を撮る検査です。