診療科・部門 / 内科系診療科

腫瘍内科

腫瘍内科

診療方針

腫瘍内科は、主に抗がん剤を用いた薬物療法を専門とし、がんに対する治療を行っていく診療科です。 現在は、乳がん、消化器がん、婦人科がん、頭頚部がんなどの患者数が多いですが、他科と協力しながら、がんの種類にこだわらず幅広く対応しています。がんと診断がついた患者さまで、抗がん剤による治療適応があると考えられる場合に、ご紹介いただければ外来あるいは入院で、免疫チェックポイント阻害薬など最新の薬も取り入れた、がん薬物療法を行わせていただきます。また、痛みをはじめとした症状のある患者さんに対しては、放射線治療や緩和医療も適切に行い、治療を行いながら生活の質(Quality of Life)も維持できるよう心がけています。

疾患別の薬物療法

乳がん 卵巣がん 子宮頸がん 子宮体がん
食道がん 胃がん 大腸がん 膵がん
胆管がん・胆嚢がん 腎細胞がん 前立腺がん 膀胱がん・腎盂がん・尿管がん
肺がん 骨・軟部肉腫(サルコーマ) 悪性黒色腫(メラノーマ) 神経内分泌腫瘍
胚細胞腫瘍 中枢神経腫瘍(脳腫瘍等) 頭頸部がん 甲状腺がん
肝細胞がん 原発不明がん 悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病 転移性骨腫瘍