診療科・部門 / その他の診療科

皮膚科

皮膚科

概要

皮膚に何かあれば診させていただきます

アトピー性皮膚炎・薬疹などを専門としていますが、基本的に皮膚に何か変化があればそれは全て診療の対象になります。体の一部の皮膚が赤くなれば皮膚科だけれども、全身の皮膚が赤くなれば内科だろう、とは思わないで下さい。発熱などの症状を伴っていても、皮膚に何か出ていれば皮膚科で判断し、必要に応じて内科などに紹介することができます。 当皮膚科では手術はしておりませんが、簡単な処置や皮膚腫瘍(できもの)の診断に必要な組織検査などはしています。熱傷や外傷、皮膚の腫瘍などで外科的な手術が必要なものは本院の形成外科へ紹介しておりますが、手術を要しないものは当科でフォローいたします。 薬疹などは、治療と同時に、患者さんの協力を得ながら原因をつきとめていく検査を行っています。

患者さんとのパートナーシップを大切に

アトピー性皮膚炎は、玉置昭治前部長の方針を受け継いで、情報の整理をしながら患者さんとのパートナーシップを大切にして、疾患の克服をはかります。ステロイドを使いたくない、止めたいという患者さんには、その意味するところを理解していただきながら、お互いの納得のいく形で離脱・治癒を目指します(自然なステロイドの離脱は疾患の克服と同じ意味を持ちます)。 成人型アトピー性皮膚炎に「脱ステロイド療法」を提唱された玉置昭治部長は2008年3月末日をもって、定年退職されました。 玉置部長退職後も、当院皮膚科の治療方針、疾患の考え方、ステロイドの考え方などに変更はありません。

当院のアトピー性皮膚炎に対する出版物

「アトピー徒然草」 著者:中村 敬(淀川キリスト教病院皮膚科部長)

当院のアトピー性皮膚炎に対する考え方や、情報の整理の仕方、治療の在り方など

文芸社より2007年に新風舎より出版しましたが、新風舎が倒産したため2009年に文芸社より新たに出版しました。当院で加療されていた患者さんが、患者さん同士の交流をもつために機関紙を発行し(現在は休刊されています)、そこで連載させていただいたものを、新たに作り直して「本」にしたものです。

当院のアトピー性皮膚炎に対する考え方や、情報の整理の仕方、治療の在り方などをまとめています。特に入院を考えて遠方よりお越しになる方は、一度読んでいただければ、当院での加療がどういうものかお分かりになるかと思います。

現在は販売されておらず、文芸社HP内「みんなの本町」にて無料でダウンロードできるようになっています(無料会員登録が必要です)。

外来受診について

皮膚科は完全予約制となっております(アトピー性皮膚炎の方は、下記の「アトピー性皮膚炎の方の外来受診について」をご確認ください)。

初診の方は、かかりつけ医を通して当院の「地域医療連携センター」で予約をお取りいただきますようお願いいたします。ただし、当科受診中の患者さんの病状急変時の予約は不要です。

アトピー性皮膚炎の方の外来受診について(完全予約制)

  • 毎週水曜日(午前)にアトピー性皮膚炎の専門初診の枠がございますので、詳しい説明が必要な方はご利用ください。
  • アトピー性皮膚炎の方に関しては、受診の際の紹介状の有無は問いません(要予約)(紹介状をお持ちでない場合は、初診時に選定療養費が発生いたします)。

お問い合わせ/アトピー性皮膚炎外来のご予約

受付時間:月~金(平日) 14:00-17:00

TEL:0120-364-489