採用情報

ホーム  >  採用情報  >   >  総合内科研修プログラム

総合内科研修プログラム



当科研修
の特色
現在の医療は、特に高度先端医療を担う医療機関ほど、 医療の細分化が進んでいます。しかし、その細分化に より、専門性が高くなっているものの、弊害として 横断的に診療ができていない、つまり患者さんが抱え ている問題点を複合的に診療されていないことが現状 であります。また患者さんが来院された際に、どの 専門科に受診したら良いか悩まれることがあります。 そのような場合は、当科にまず受診いただき、医師 は症状等から検査を行い、診断を考えていきます。 すぐに診断がつかない場合においても、症状改善に 向かうよう、他の医師と積極的なカンファレンスを行い“一緒に” 考えていきたいと思っております。その後、専門的な治療が必要 と判断した場合には、各専門科への橋渡しを行い、滞りなく治療 が受けられるような“橋渡し”をしたいと考えています。
一般目標 当院の理念である『全人医療』のもと、患者中心の医療、 チームワークの医療を実践することで総合診療医としての 診療能力( 知識、技術、協調性、接遇、全人的配慮 )の 体得を目指す。
行動目標 ① 良好な信頼関係(患者、家族、医療スタッフ)を築く為のコミュニケーションスキルを身につける。

② 正確で適切な病歴聴取が実施できる。

③ 必要十分な身体診察を実施でき、適切に解釈することができる。

④ 問題点を、優先順位をつけて抽出することができる。

⑤ 状況に応じて、必要な検査の選択と結果の解釈を行うことができる。

⑥ 病歴、身体所見、検査結果より総合的に診療計画を立案し、実践することができる。

⑦ 解決困難な問題点に対して、診断推論、文献的調査、コンサルトを駆使して問題の解決に努める。

⑧ 緊急事態における救命措置、心肺蘇生が実施できる。

⑨ 必要十分な症例プレゼンテーション技術を身につける。(カンファレンスの司会を担う)

⑩ 積極的にカンファレンスに参加する。また公的な学会・研究会に積極的に参加する。
スタッフ構成 主任部長1名(兼務)、部長2名(うち1名兼務)、副部長2名(兼務)、専攻医1名


 

総合内科医師