チーム医療

各分野のスペシャリストが専門性を発揮

一人ひとりの患者さまによりよい医療を提供するため、各専門職がチームを組んで密な連絡や情報共有をし、連携をとりながら活動しています。
看護師はもっとも患者さまの心と身体に寄り添う職種。
患者さまとの対話の中で得意な専門知識を活かしながら、その力を発揮します。

院内で活動しているチーム一覧 緩和ケア診療チーム 糖尿病患者教育チーム 呼吸療法サポートチーム 栄養サポートチーム 感染防止対策チーム 褥瘡対策チーム がんリハビリテーションチーム がんライフサポートチーム揮

緩和ケア診療チーム

一人ひとりに合ったおいしく・楽しい食事をサポート

摂食・嚥下障害看護認定看護師は、脳卒中などにより思うように食事ができない患者さまに対して、専門的な知識と技術をもって食事の援助をすると共に、摂食・嚥下リハビリテーション看護を通して、摂食・嚥下機能の維持・向上を図る役割を担っています。安全であることはもちろん、少しでもおいしく・楽しく食事を摂っていただけるように姿勢や食事の形態など、その人に合ったサポートを大切にしています。認定看護師としての能力を効果的に活かすため、栄養サポートチームと呼吸サポートチームのメンバーとしても活動しています。

訪問介護という働き方

淀川キリスト教病院グループの連携企業である「よどきり医療と介護のまちづくり株式会社」では、訪問看護、まちの保健室、まちカフェ、地域包括ケア住宅「かんご庵」などの事業を行っています。
地域包括ケアの時代に入り、当グループにおいても看護師の役割、働き方はさらに幅広くなっています。患者さまの状態を全人的に捉え、暮らし(家族・仕事・経済など)を統合し、その人の持っている能力を組み合わせて、必要なケアを提供、生活と医療を繋ぐ役割等、生活に密着した看護活動の展開する地域においてコミュニティナースという働き方も選択できます。