ホーム  >  取り組み  >  在宅復帰への取り組み

在宅復帰への取り組み

骨折などで病院に入院された高齢者の方に介護・看護・リハビリテーションを行い、自宅で生活をしていただけるように取り組んでいます。
また、一度ご自宅へ戻られても必要に応じて再度入所していただき、リハビリテーション等を受けていただくことも可能です。

多職種連携ミーティング

介護スタッフ、看護スタッフ、リハビリテーションスタッフ、相談員、ケアマネージャーが「在宅復帰連携ミーティング」を毎月行っています。

研修

医師をはじめとする有資格者の集団であるため、救命救急、感染防止や虐待防止などの普段の業務に必要な研修や個人情報、人権などの法律的な研修も行い、知識の習得に取り組んでいます。また、研修後に意見の交換を行い知識の共有、向上にも努めています。