診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  泌尿器科  >  概要

泌尿器科


概要

泌尿器科は尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)と男性性器(精巣・陰茎・前立腺など)の病気を扱う科です。多い病気としては尿路結石、膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎、前立腺肥大症、前立腺癌、膀胱癌、腎癌、神経因性膀胱、尿失禁、ED(勃起不全)などがあります。 当科では超音波、膀胱鏡、CTなど必要で可能な検査はなるべく当日に行い、早期の診断と治療の開始に心がけています。またインフォームドコンセントを重視し、悪性腫瘍の場合も積極的に真実を伝え、いくつかの治療方針を示して、ご本人とよく話しあった上で選ぶべき道を決定します。

尿が出にくい、ちかい、もれる、痛い、色が赤いなどで悩んでいる方は泌尿器科を受診してください。

「ダヴィンチ(da Vinci)」を導入しています

ダヴィンチはアメリカで開発された手術支援ロボットで、当院は「ダヴィンチSi」を導入しております。

ダヴィンチ手術とは?

体への負担の少ない手術として広く行われるようになった腹腔鏡手術の特徴を活かしながら、さらに多くの優れた機能を付加した最新の手術法です。この手術は、小さい傷口で疼痛が少なく、出血が少ないため早期回復が期待されます。

スタッフ紹介

前田 浩志

役職 主任部長
学会専門医・認定医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医

阪本 祐一

役職 部長
学会専門医・認定医
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会泌尿器腹腔鏡技術認定制度認定医
ICD制度協議会日本化学療法学会推薦ICD・インフェクションコントロールドクター(ICD)
日本内視鏡外科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医
神戸大学医学部 臨床講師
日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定

吉井 貴彦

役職 副部長
学会専門医・認定医 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医

病気について

尿路結石

小さな結石は水分を多く取ったり、運動をしたりすることで自然に排石されます。しかし、大きいものでは、ときに尿管につまって特有の痛みを生じたり、他の病気を合併したりすることがあるため、早急な治療を要します。

主な治療法

体外衝撃波による結石破砕術(ESWL:Extracorporeal Shock Wave Lithotripsy)
積極的な結石治療法の中では、体に一番やさしい方法です。レントゲン、もしくは超音波で焦点を合わせた結石に衝撃波発生装置で生じた衝撃波を体の外からあて、細かく砕くことによって排出しやすくするものです。当院では、高性能の「シーメンス・リソスターマルチライン」を用いて行っています。
入院当日に手術を行い、翌日の朝に退院となる1泊入院で行っています。
経尿道的尿管結石破砕術(TUL:Transurethral Ureterolithotripsy)
尿道から尿管に内視鏡を挿入し、レーザーで結石を砕きます。最近では、内視鏡や破砕装置の高性能化が進み、適応が広がり手術件数が増えています。

前立腺肥大症

前立腺は膀胱のちょうど下にある器官で、尿道を取り巻くように存在しています。正常ではクルミぐらいの大きさで、精液の一部である前立腺液を作る役割を果たしています。その前立腺が大きくなり、尿の通り道である尿道を圧迫してオシッコが出にくくなった状態です。

薬物療法 α遮断薬、抗男性ホルモン薬、漢方薬などで排尿障害を改善させます。
経尿道的前立腺切除術(TUR-P) 尿道から内視鏡を入れ、その先についた電気メスで前立腺を削り取り、狭くなった尿道を中から広げる方法です。効果が確実で手術療法のゴールドスタンダードです。(10日~2週間の入院)

腎盂・尿管がん

早期の症例では、体腔鏡(後腹膜鏡)下の腎尿管全摘出術+膀胱部分切除術を施行するようにしています。進行した症例では、抗がん化学療法を行っています。

前立腺がん

前立腺にできる癌で、近年生活様式の欧米化に伴って増加しています。PSA(前立腺特異抗原)高値で受診される方が増加しており、MRIによる精査を行い、必要があれば前立腺生検を施行(1泊2日入院)。癌が陽性であった場合は、病期診断を行い、適切な治療法を患者さまと相談させていただきます。

当院では、局所限局前立腺癌に対して、2013年より、手術支援ロボット「da Vinci」を使用した手術を行っています。2016年3月までに、約60例の手術を行いました。

 

腎細胞がん

腎臓は体の奥にある臓器であり発見が難しく、以前は進行してから見つかることが多かったのですが、最近は健康診断等の超音波検査などで、比較的早期に発見されることが多くなっています。手術可能症例については、可能な限り体に優しい腹腔鏡下手術を行うようにしています。進行した症例や再発症例では分子標的薬による治療も行っています。

膀胱がん

膀胱鏡検査・CT・MRIなどで診断を行います。経尿道的膀胱腫瘍切除術を施行し、病理組織学的に異型度・深達度など診断を行います。表在性膀胱腫瘍(癌)ならば、多くはこれで経過観察となりますが、浸潤性膀胱癌の場合はさらに膀胱全摘などの治療が必要となります。進行再発症例では抗癌化学療法も行っています。上皮内癌の症例に対しては、BCG 膀胱内注入療法も施行しています。