診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  泌尿器科  >  ダヴィンチ手術について

泌尿器科

ダヴィンチ手術について

前立腺がん,ダビンチ,



「ダヴィンチ手術」とは?

ダヴィンチとは、1990年代にアメリカで開発された手術支援ロボットです。
ダヴィンチを使用した手術は、体への負担の少ない手術として広く行われるようになった腹腔鏡手術(※1)の特徴を活かしながら、さらに多くの優れた機能を付加した先進的なの手術法です。
ロボット部・操作部・助手用モニターで構成されており、ロボット部には先端に鉗子やメスなどを取り付けた3本のアームと1本のカメラが装着されています。術者はケーブルでつながった操作台に座り、映し出される3次元立体画像を見ながらアームを操り、患部の切除や縫合をします。
当院は「ダヴィンチSi」を導入しています。

ダヴィンチは、カメラやアームのついた「ロボット部」、医師が画像を見て操作する「操作部」、「助手用モニター」の3つの機器で構成されています。


≫ ダヴィンチの構造について詳しくはこちら


腹腔鏡手術とは(※1)

腹部に小さな傷を数ヶ所開けて、そこからカメラを入れモニターに写し出し、手術器具をお腹の中に入れて手術を行う方法です。手術内容は、大きくは開腹の手術と同じですが、腹部を大きく切開しないので、体に対する負担が少ない、術後の痛みが軽い、通常の生活への復帰が早い等の利点があります。また見た目の傷も小さくなります。

対象となる疾患

現在、当院のダヴィンチ手術は、「前立腺がん」に対する前立腺摘出術を対象としております。

特長

1.体内を高解像度3D内視鏡カメラで鮮明に映し、ズーム機能により患部を拡大視野で描出できます。

2.手振れ防止機能が搭載された3 本のアームを術者が自由に正確に操作をすることができます。

3.先端に接続された鉗子は人間の手と同等以上の可動域があり、従来の手術では不可能であった複雑な動きができ、精密な操作が可能です。


患者さまのメリット

回復が早い
開腹手術と比べて傷口が小さい手術のため、出血量が大幅に抑えられ、より早い術後の回復が見込めます。


合併症を最小限に
術後の痛みも少なく、これまでの開腹手術の合併症である尿失禁や勃起不全などの症状を最小限に抑えられます。

より精密な手術が可能
三次元の立体画像で奥行まで確認しながら、人間の手以上の可動域がある3本のアームを駆使することによって、より精密かつ正確な手術が可能です。


費用

ダヴィンチを使用した手術のうち、「前立腺摘出術」(2012年4月より)、「腎部分切除術」(2016年4月より)が健康保険の適用となっております。そのため、先進的な医療であるにも関わらず、医療費の負担は従来の手術とほぼ変わりません。
また、「高額療養費制度」も適用されるため、最終的な負担はさらに軽減されます(食事代、個室代は別途必要になります)。
※現在当院では、「前立腺がん」に対する前立腺摘出術を対象としております。

≫ 「高額療養費制度」についてはこちら


※ダヴィンチを使用する予定であっても、医師の判断で開腹手術・腹腔鏡下手術等へ変更となった場合は、その日から健康保険が適用されます。

健康保険を使用される場合
70歳未満の方 約480,000円(3割負担)
70歳以上の方 44,400円

※ご加入の健康保険の種類や所得により異なる場合があります
高額療養費制度を利用される場合(一般所得の場合)
70歳未満の方 約100,000円
70歳以上の方 44,400円

※年齢や所得により異なる場合があります

よくあるご質問

ダヴィンチ手術は誰でも受けられるのでしょうか?
患者さまの病状や既往歴などにより、適用できない場合があります。ダヴィンチ手術の適用の可否は医師が判断いたします。
入院期間はどれくらい必要ですか?
前立腺がん手術の場合、術後経過が順調であれば、術後1週間前後で退院が可能です。
どんな病気でもダヴィンチ手術をすることができるのですか?
手術が必要なすべての疾患に対して、ダヴィンチ手術が行えるわけではありません。現在当院では、「前立腺がん」に対する前立腺摘出術を対象としております。