診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  リハビリテーション科  >  概要

リハビリテーション科


概要

リハビリテーション科では、さまざまな病気によって引き起こされる機能障害(Impairment)・能力低下(Disability)・社会的不利(Handicap)に対して、全人医療に基づいた医療を提供します。そして、人間らしい社会生活に再適合するために、みなさまの日常生活の様々な活動を支援し、QOL向上を目指します。

治療方針について

  • 急性期における早期からのリハビリテーションを、各診療科や看護部と協働して行います。
  • 科学的根拠に基づいたリハビリテーションを実践します。
  • 理学療法、作業療法、言語聴覚療法が相互に協力し、治療に取り組みます。
  • 地域医療機関との連携を密にし、回復期リハビリテーションや維持期リハビリテーション・地域リハビリテーションへ連携します。

リハビリテーションを希望する患者さまへ

当院では、主に入院患者さまに対する急性期リハビリテーションを提供しています。
主治医からの依頼により、リハビリテーション医が適応等を専門的に評価し、適切な処方を行います。
入院中に、リハビリテーションを希望される場合は、主治医・担当医にご相談ください。(病状により、実施できない場合があります。)

スタッフ紹介

古河 慶子

役職 医長
学会専門医・認定医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医・指導医
義肢装具判定医師

川口 杏夢

役職 医長
学会専門医・認定医
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会リウマチ認定医

リハビリテーション科が取り扱う病気や障害

  • 心筋梗塞や心不全、心臓の手術後などによる心機能の低下、体力低下、末梢閉塞性動脈性疾患による歩行障害
  • 専用の「心臓リハビリテーション室」があります(循環器内科はこちら)。
  • 脳卒中や神経筋疾患、脳外傷、脊髄損傷、末梢神経障害による手足の麻痺や歩行障害、言語障害(構音障害や失語症など)、高次脳機能障害など
  • さまざまな病気やその治療に伴って起こる「廃用症候群」
  • 骨関節疾患、脊椎疾患、骨折、四肢切断、関節リウマチによる四肢機能障害や歩行障害、ADL障害など
  • 急性および慢性の肺疾患や胸部手術による呼吸機能障害
  • さまざまながん・悪性疾患
    がんと診断されてから、治療を受ける前後、さらに緩和医療に至るまで、がんの病期に応じたリハビリテーションを提供します。

検査について

嚥下造影検査(VF:videofluorography)

脳血管疾患や神経筋疾患などにより何らかの嚥下機能障害がある患者さまに、レントゲン透視装置を用いて、造影剤を含んだ水分や食物等を嚥下する(「のみこむ」)様子を撮影します。誤嚥せずに安全に食事や水分を摂取する機能を評価するための検査です。

※原則として、入院患者さまに実施しております。


診療実績

診療実績
診療実績の詳細はこちら


リハビリテーション科