診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  小児科  >  概要

小児科


概要

小児科では病院の理念に基づき、「全人的ケア」をこどもたちに提供する事を目標としています。当院はNICUを備えており、生後間もない新生児から、小学校卒業までの児童まで幅広く診療を行っております。また必要に応じて、小児外科耳鼻科整形外科形成外科こどもホスピス科などとも連携しつつ「全人医療」の実践に努めております。

外来部門

小児科

午前中は一般外来、午後は各種専門外来(発達フォローアップ、神経、アレルギー、循環器、腎臓、内分泌、低身長)に加え、乳児健診、予防接種を行っています。一般外来では、他施設よりの紹介を随時受け入れており、必要な診療・検査・治療を可能な限り迅速に施行出来るよう努めております。


眼科・耳鼻科などの情報は、大阪府救急医療情報センター(TEL:6693-1199)でご確認いただけます。

病棟部門

病棟は一般小児病棟と新生児集中治療室(NICU)に分かれています。小児病棟は27床で、原則付き添いなしの基準看護制となっています。

新生児集中治療室(NICU)は 施設基準を満たす保険認可NICU21床とGCU(乳児病棟)を含む36床からなっています。大阪府の新生児診療相互援助システム(NMCS)の基幹施設として24時間体制で重症新生児を受け入れ、他院での立会い分娩、新生児搬送にも対応しています。

小児科病棟部門


YCHこども救急24

主に発熱、嘔吐、下痢などの内科的疾患全般について、小児科医師が24時間対応しています。

※小児内科医師による対応のため、原則外傷・頭部打撲などの対応はできません。ご了承ください。

 

 

注意事項

  • ・事前の電話連絡は不要です。
  • ・診療科は小児科(小学生以下)です(内科的疾患全般のみ)。
  • ・混雑時や重症患者対応中の場合は、お待ちいただくこともございますのでご了承ください。

YCHこども救急24


その他ご不明な点などございましたら、当院フリーダイヤル【0120-364-489】までご連絡ください。

心理・発達相談外来

お子さんの発達や育児に関する悩み、またお子さんを亡くされたご家族の悲嘆等について、小児専門のカウンセラーが、ご家族の方と共に考え、より良い方向に向かうようにお手伝いします。

担当:臨床心理士 出崎 躍

スタッフ紹介

佐野 博之

役職 主任部長、母子センター長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター
診療情報管理士

西原 正人

役職 部長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医・指導医

塩見 夏子

役職 医長
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

豊 奈々絵

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

美馬 文

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

森田 崇

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

小泉 美紀子

役職 副医長
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

中河 秀憲

役職 副医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)

川村 彬子

役職 医員
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

篠本 匡志

役職 医員

小泉 順子

役職 医員

鈴木 可奈子

役職 医員

林 辰司

役職 医員

水谷 聡志

役職 医員
学会専門医・認定医  

佐々木 満ちる

役職 医員

柚山 賀彦

役職 医員

嶋田 沙矢香

役職 医員
学会専門医・認定医  

島 孝典

役職 医員
学会専門医・認定医  

水谷 祐喜子

役職 医員
学会専門医・認定医  

北岡 太一

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

松岡 収

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

北野 正尚

役職 非常勤医師

岩朝 徹

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本小児循環器学会小児循環器専門医

小出 泰道

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本神経学会神経内科専門医

三善 陽子

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

谷 均史

役職 非常勤医師

中山 尋文

役職 非常勤医師

治療について

一般小児科

一般小児科は、午前中の一般外来、午後の各種専門外来(神経、アレルギー、ワクチン、成長、循環器、腎臓、発達)に加え、一般乳児検診も行なっています。
また、夜間は365日小児救急診も行なっております。小児病棟は27床で、付き添い希望にもできるかぎり対応できるようにしています。

救急車による搬送についても24時間体制で対応しています。

新生児医療

新生児医療は、1957年本邦で初めて血液型不適合児に交換輸血を行なった歴史的背景を持ち、また、大阪の新生児診療相互援助システム発足当時からの基幹病院のひとつとして、周産期医療の中心的役割を果たしています。連日24時間体制で重症新生児を受入れ、他院での立会い分娩、新生児搬送、母体搬送にも対応しています。
現在、新生児集中治療室(NICU)は、施設基準を満たす保険認可NICU12床を含む36床からなっており、1,000g未満の超低出生体重児をはじめ、出生時に種々の問題を抱えた新生児(呼吸障害、黄疸、先天異常、感染症など)が入院されています。
また、退院後は、発達外来で定期的に発達のフォローも行なっています。

当院の治療の柱の一つである新生児医療では両親の愛着形成をお手伝いする意味で面会時間の制限撤廃、ガウン・マスクの廃止、母乳栄養の推進などとともにカンガルーケアーを積極的に導入しています。カンガルーケアーとは、出来るだけ早期から母親(時には父親も)の胸に直接赤ちゃんを抱いてもらいスキンシップを図る方法です。丁度カンガルーがお腹の袋に赤ちゃんを抱いた状態に似ている所からこの名前がつきました。未熟児の赤ちゃんであっても状態が許せば早期からこの方法を行なうことにより母児間で体温を伝え合い、両者の精神的、身体的安定が得られるというものです。また入院中から母親が育児に参加できたことを実感できる為、退院後の母親の育児不安解消にも大いに貢献していると考えられています


お子さんの発達・育児についてお悩みの方へ

昨今ではインターネットや書籍などの媒体を通じて、子育てに役に立ちそうな情報を手軽に得られるようになり、それに伴い「発達障害」に対する社会全体の認識も随分進んできました。しかし、実際に発達上の課題を抱えるお子さんに接してみると、その関わりはそれほど簡単ではないことが分かります。 仮に同じ診断名がついたお子さんであっても、それぞれの特性は一様ではなく、個別のニーズに合わせた対応が必要になるからです。お子さんの困り感に気づくためには、その子の行動をよく観察し、どの部分につまずきがあるのかを見極めることが大切といえます。

当科では、お子さんの発達や育児についてお悩みのご家族・支援者の方を対象にさまざまな形でサポート活動を行っています。現在、以下のような取り組みを行っておりますので、詳しくお知りになりたい方は各項目をご覧ください。

発達外来(1日コース)

医師・臨床心理士の連携に基づく専門的見地からお子さんの個性や能力について整理し、具体的な関わりの手立てをご提案します。通常の発達外来では、お子さんの評価のための問診や知能・発達検査の実施、結果説明およびプランの相談の外来をそれぞれ別日で設けますが、「1日コース」では一連のステップをその日のうちに行えるというメリットがあります。遠方からお越しの方、ご家庭の事情でお休みを取りにくい方にお勧めです。

当外来の受付は、申込時のご相談内容について未だかかりつけ医を持たない方を優先させていただきますので、何卒ご了承ください。

スケジュール

午前・午後のいずれかの枠で予約申し込みをしていただきます。
※★印は午前外来の場合、○印は午後外来の場合

★10:00~10:20
○14:00~14:20
臨床心理士による保護者・お子さんとの面談
 
下矢印
★10:20~11:40
○14:20~15:40
お子さんへの発達検査の実施
 
下矢印
 
(検査中)医師による保護者への問診
→(終了後)お子さんも診察室に合流
 
下矢印
★11:40~12:30
○15:40~16:15
休憩タイム
 
下矢印
★12:30~13:15
○16:15~17:00
医師・臨床心理士による結果説明
今後のサポートに関する話し合い(発達相談)



  • 「1日コース」終了後も、継続してフォローアップ外来をご利用いただけます。
  • 発達検査の結果を書面で必要な方は、後日(約2週間後以降)お渡しします。
  • お子さんの診断については、その後の経過を踏まえた上で確定していきます。

料金

医師による診察および発達検査の実施は保険診療内で行われますが、発達相談は自費診療になりますので、別途5,000円必要となります。
なお、「紹介状なし」で受診される場合は、通常の初診料に加え選定療養費として、5,000円(税別)をご負担いただきます。

申込方法

申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送にてお申し込みください。

郵送先 〒533-0024 大阪市東淀川区柴島1-7-50
淀川キリスト教病院 小児科臨床心理士 出崎 躍 宛
FAX 06-6320-6308 (小児科臨床心理士 出崎 躍 宛)
お問い合わせ

0120-364-489 (フリーダイヤル ※音声ガイダンス9番)

受付時間 水曜・木曜 10:00~16:00

担当者 小児科臨床心理士 出崎躍(でさき・やく)

お問い合わせの際には、「発達外来(1日コース)の件で」と必ずお伝えください。


担当スタッフ

医師 佐野 博之
臨床心理士 出崎 躍

ペアレント・トレーニング講座

このような育児上のお悩みはありませんか? 

言うことを聞いてくれない、何度注意しても伝わらない、身につけてほしい行動がなかなか定着しない、危険な行動をやめさせたい

子育ての基本は褒めることだとよく言われますが、そうしようと心掛けても上手くいかず、わが子の育てにくさを感じる親御さんは少なくないと思います。問題のある行動や同じ失敗が続くと腹立たしい思いに駆られ、叱ってばかりの対応に陥ることもあるでしょう。 親が子どもへの関わりに手応えを得られず、次第に自信を失っていけば、子どもの側もまた、自分は「悪い子」「ダメな子」と感じ、自尊心を保てなくなるものです。

「ペアレント・トレーニング」とは、親が子どもにとっての最良の理解者になることに主眼を置いた、親参加型の教育支援プログラムです。子育てに悩む親どうしで互いに意見を出し合い、支え合いながら、お子さんの抱える困難さや不適切な行動が起こるメカニズムを理解していき、効果的な関わり方を身につけることを目指します。

発達障害に関する出張講演・研修会

当科では、発達障害をもつお子さんを支援する上で必要な知識の啓発と、地域で支援にあたる関係機関どうしの横の連携を深めることを目的に、出張講演・研修会を行っています。お子さんの示す行動や特性に応じた接し方、発達検査や投薬など医療との連携の仕方など、みなさまがご希望される企画を実施いたしますので、ぜひご活用ください。