診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  小児科  >  概要

小児科


概要

小児科では病院の理念に基づき、「全人的ケア」をこどもたちに提供する事を目標としています。当院はNICUを備えており、生後間もない新生児から、小学校卒業までの児童まで幅広く診療を行っております。また必要に応じて、小児外科耳鼻科整形外科形成外科こどもホスピス科などとも連携しつつ「全人医療」の実践に努めております。

外来部門

小児科

午前中は一般外来、午後は各種専門外来(発達フォローアップ、神経、アレルギー、循環器、腎臓、内分泌、低身長)に加え、乳児健診、予防接種を行っています。一般外来では、他施設よりの紹介を随時受け入れており、必要な診療・検査・治療を可能な限り迅速に施行出来るよう努めております。


眼科・耳鼻科などの情報は、大阪府救急医療情報センター(TEL:6693-1199)でご確認いただけます。

病棟部門

病棟は一般小児病棟と新生児集中治療室(NICU)に分かれています。小児病棟は27床で、原則付き添いなしの基準看護制となっています。

新生児集中治療室(NICU)は 施設基準を満たす保険認可NICU21床とGCU(乳児病棟)を含む36床からなっています。大阪府の新生児診療相互援助システム(NMCS)の基幹施設として24時間体制で重症新生児を受け入れ、他院での立会い分娩、新生児搬送にも対応しています。

小児科病棟部門


YCHこども救急24

主に発熱、嘔吐、下痢などの内科的疾患全般について、小児科医師が24時間対応しています。

※小児内科医師による対応のため、原則外傷・頭部打撲などの対応はできません。ご了承ください。

 

 

注意事項

  • ・事前の電話連絡は不要です。
  • ・診療科は小児科(小学生以下)です(内科的疾患全般のみ)。
  • ・混雑時や重症患者対応中の場合は、お待ちいただくこともございますのでご了承ください。

YCHこども救急24


その他ご不明な点などございましたら、当院フリーダイヤル【0120-364-489】までご連絡ください。

心理・発達相談外来

お子さんの発達や育児に関する悩み、またお子さんを亡くされたご家族の悲嘆等について、小児専門のカウンセラーが、ご家族の方と共に考え、より良い方向に向かうようにお手伝いします。

担当:臨床心理士 出崎 躍

スタッフ紹介

佐野 博之

役職 部長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター
診療情報管理士

西原 正人

役職 副部長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

塩見 夏子

役職 医長
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

豊 奈々絵

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

美馬 文

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会周産期(新生児)専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

森田 崇

役職 医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
日本周産期・新生児医学会N-CPRインストラクター

和田 珠希

役職 副医長
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医

川村 彬子

役職 医員
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

中河 秀憲

役職 医員
学会専門医・認定医
日本小児科学会小児科専門医
ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター(ICD)

奥野 さやか

役職 医員

杉田 侑子

役職 医員

安藤 洸平

役職 医員

大西 健仁

役職 医員

篠本 匡志

役職 医員

小泉 順子

役職 医員

鈴木 可奈子

役職 医員

林 辰司

役職 医員

佐々木 満ちる

役職 医員

柚山 賀彦

役職 医員

北岡 太一

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

松岡 収

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

北野 正尚

役職 非常勤医師

岩朝 徹

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医
日本小児循環器学会小児循環器専門医

小出 泰道

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本神経学会神経内科専門医

三善 陽子

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医 日本小児科学会小児科専門医

谷 均史

役職 非常勤医師

中山 尋文

役職 非常勤医師

治療について

一般小児科

一般小児科は、午前中の一般外来、午後の各種専門外来(神経、アレルギー、ワクチン、成長、循環器、腎臓、発達)に加え、一般乳児検診も行なっています。
また、夜間は365日小児救急診も行なっております。小児病棟は27床で、付き添い希望にもできるかぎり対応できるようにしています。

救急車による搬送についても24時間体制で対応しています。

新生児医療

新生児医療は、1957年本邦で初めて血液型不適合児に交換輸血を行なった歴史的背景を持ち、また、大阪の新生児診療相互援助システム発足当時からの基幹病院のひとつとして、周産期医療の中心的役割を果たしています。連日24時間体制で重症新生児を受入れ、他院での立会い分娩、新生児搬送、母体搬送にも対応しています。
現在、新生児集中治療室(NICU)は、施設基準を満たす保険認可NICU12床を含む36床からなっており、1,000g未満の超低出生体重児をはじめ、出生時に種々の問題を抱えた新生児(呼吸障害、黄疸、先天異常、感染症など)が入院されています。
また、退院後は、発達外来で定期的に発達のフォローも行なっています。

当院の治療の柱の一つである新生児医療では両親の愛着形成をお手伝いする意味で面会時間の制限撤廃、ガウン・マスクの廃止、母乳栄養の推進などとともにカンガルーケアーを積極的に導入しています。カンガルーケアーとは、出来るだけ早期から母親(時には父親も)の胸に直接赤ちゃんを抱いてもらいスキンシップを図る方法です。丁度カンガルーがお腹の袋に赤ちゃんを抱いた状態に似ている所からこの名前がつきました。未熟児の赤ちゃんであっても状態が許せば早期からこの方法を行なうことにより母児間で体温を伝え合い、両者の精神的、身体的安定が得られるというものです。また入院中から母親が育児に参加できたことを実感できる為、退院後の母親の育児不安解消にも大いに貢献していると考えられています


発達障害に関する出張講演・研修会

当小児科では、発達障害をもつお子さまを支援する上で必要な知識の啓発と、地域で支援にあたる関係機関どうしの横の連携を深めることを目的に、出張講演・研修会を行っています。お子さまの示す行動や特性に応じた接し方、発達検査や投薬など医療との連携の仕方など、みなさまが希望される企画を実施いたしますので、ぜひご活用ください。

対象となる方

発達障害や特別な教育的ニーズをもつお子さまの家族および幼稚園、学校教諭の方

講座・研修のテーマ

テーマについてはこちら(PDF)をご覧ください。

また、ご要望があれば記載のテーマ以外でも可能な範囲でお応えいたしますので、お気軽にご相談ください。

申込方法

申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXまたは郵送にてお申し込みください。なお、会場の確保および準備につきましては申込者により手配をお願いいたします。

・出張講演・研修会のご案内(PDF

・講座・研修のテーマ(PDF

・申込用紙(wordPDF

郵送先

〒533-0024 大阪市東淀川区柴島1-7-50
淀川キリスト教病院 小児科臨床心理士 出崎 躍 宛

FAX

06-6320-6308 (小児科臨床心理士 出崎 躍 宛)

お問い合わせ

0120-364-489 (フリーダイヤル ※音声ガイダンス9番)

受付時間 水曜・木曜 9:00~16:00

担当者 小児科臨床心理士 出崎躍(でさき・やく)

お問い合わせの際には、「発達障害に関する出張講演の件で」と必ずお伝えください。

 

※講演会の様子などの写真をホームページ上に公開することがあります。