診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  病理課  >  概要

病理課


概要

病理課のご紹介

細胞検査士資格を持った臨床検査技師4名と受付事務員1名で病理診断科の医師2名と連携して業務を行っています。内容は病理組織診断(術中迅速病理診断を含む)、細胞診断、病理解剖です。

主な業務

病理組織診断

内視鏡などで採取された組織の一部(生検)や手術で摘出した組織を顕微鏡で観察できる標本にし、病理医が診断します。組織の写真撮影、切出し(必要部位を切出すこと)、薄切(顕微鏡で見るために薄く切ること)、染色といった標本作製は技師が担当します。病理医は主に顕微鏡を用いて腫瘍か否か、良性か悪性か、また腫瘍の広がりや悪性度を診断します。
最近では分子標的薬の適応選択の一助となる免疫染色は、重要度の高い項目となっています。

術中迅速診断

手術中に切除断端、リンパ節組織等の凍結切片の標本を作製しています。病理医が標本を顕微鏡的に観察し、病変が取りきれたかどうかの確認や癌の転移の有無などを診断しています。

細胞診断

細胞をスライドガラスにのせて染色し、細胞の良悪や一部の感染症の診断をします。喀痰や尿、気管支や子宮の擦過物、乳腺や甲状腺の穿刺吸引細胞などを調べます。細胞検査士資格を持った技師がスライドガラス上の多数の細胞の中から異常な細胞を見つけ出し、病理医とともに診断にあたります。

病理解剖

亡くなられた患者さまの診断や治療効果の確認のために、ご遺族の承諾を得て病理医によって行われる解剖です。技師はその介助を行っています。


取り組み

  • 当課の臨床検査技師全員が二級臨床検査技師(病理学)、細胞検査士の認定資格を持っています。
  • 細胞診標本の陽性例について細胞検査士と細胞診専門医の全員でディスカッションを行い、全員の診断能力向上に努めています。
  • 部署内では週1回勉強会とミーティングを行い、スキルの向上と業務改善に努めています。院内のカンファレンスにも参加して情報の共有を行っています。
  • 学会発表や論文発表などを積極的に行い、さらなる専門知識の習得を目指しています。


病理課