診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  腫瘍内科  >  概要

腫瘍内科


概要

腫瘍内科は、主に抗がん薬を用いた薬物療法を専門とし、がんに対する治療を行っていく診療科です。 患者さまは、現在乳がんの方が最も多いですが、他科と協力しながら、がんの種類にこだわらず幅広く対応しています。がんと診断がついた患者さまで、化学療法の適応があると考えられる場合に、ご紹介いただければ外来あるいは入院で最新の分子標的治療薬なども取り入れた化学療法を行わせていただきます。また、痛みをはじめとした症状のある患者さまに対しては、放射線治療や緩和医療も適切に行い、治療を行いながら生活の質(Quality of Life)も維持できるよう心がけています。

施設認定

  • ・日本臨床腫瘍学会認定研修施設
  • ・日本乳癌学会認定施設

スタッフ紹介

重岡 靖

役職 部長
学会専門医・認定医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医

金 容壱

役職 副部長
学会専門医・認定医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医

石川 瑶子

役職 医員
学会専門医・認定医  

末廣 瑛理子

役職 医員
学会専門医・認定医  

高樹 郁真

役職 医員
学会専門医・認定医  

疾患別の薬物療法

乳がん

乳がんに罹患した患者さまに対する治療は、当院の乳腺外科と協力し、梅田の茶屋町ブレストクリニックと病診連携をとりながら行っています。
術前・術後の薬物療法は、完治を目的としたものであり、化学療法を要する場合は、アンスラサイクリン系、タキサン系抗がん薬などを用いた標準治療を一定期間行います。ホルモン受容体陽性であれば内分泌療法、HER2陽性であればトラスツズマブを併用いた化学療法も実施します。白血球減少に伴う発熱を予防できるペグフィルグラスチムが使用可能になったため、化学療法の実施間隔を短くすることにより、高い治療効果が期待できるdose dense療法が実施可能になっています。
転移・再発した進行乳がんに対する治療目標は、生活の質(QOL)を保ちつつ、長く生きることを目指すことであり、内分泌療法、化学療法などを患者さまの状況をみながら行います。

卵巣がん

卵巣がんに対する初回の化学療法としては、治療効果の高い、カルボプラチンとパクリタキセルが選択されます。カルボプラチンを1日目、パクリタキセルを1、8、15日目に点滴静注して21日1サイクルで繰り返すdose dense TC療法は、術後補助療法として生存期間延長効果が国内の臨床試験で証明されており、標準治療となっています。再発した場合、完治は難しくなりますが、様々な抗がん薬を用いながら、患者さまの体調をみつつ治療継続します。

子宮がん

子宮体がんと子宮頚がんに区別されますが、転移・再発のあるケースでは、いずれも、カルボプラチンとパクリタキセルによるTC療法を行います。有効な抗がん薬の数が少なく、更なる治療開発が望まれます。

食道がん

Stage II,IIIの食道がんに対しては、術前化学療法として5FUとシスプラチンによるFP療法を2サイクル行った後に、手術を行うことが標準治療となっています。何らかの理由で手術が難しい場合は、FP療法と放射線治療の同時併用療法を行うことを検討します。再発した場合は、タキサン系抗がん薬などを使用して、がんの進行を遅らせることを目標として化学療法を行います。

胃がん

Stage II,IIIの胃がんでは、ティーエスワンの1年内服が術後補助療法として確立しており、これを行うことにより完治する可能性が高まります。一方、転移・再発胃がんに対しては、シスプラチン、オキサリプラチン、ティーエスワン、カペシタビン、パクリタキセル、ドセタキセル、イリノテカンなどが使用可能であり、可能な範囲で治療継続します。分子標的治療薬としては、HER2陽性胃がんに対するトラスツズマブと、血管新生阻害薬のラムシルマブが使用可能です。

大腸がん

Stage III(およびstage IIの一部)の大腸がんに対する術後補助療法としては、根治の可能性を高めるために、FOLFOX療法などの化学療法を6ヶ月行うことが標準となっています。転移・再発例でも、切除可能となれば治癒が期待できる可能性もあるため、外科と相談しながら化学療法を行います。
根治術が難しい場合は、FOLFOX, FOLFIRI, CapeOX, SOX, IRISなどの多剤併用療法を軸として、血管新生阻害薬のベバシズマブや、RAS遺伝子変異がない場合はセツキシマブ、パニツムマブなどとの併用を行うことを考えます。これらの治療の効果が期待できなくなった後も、レゴラフェニブ、トリフルリジン・チピラシル塩酸塩(ロンサーフ)などが使用可能となっており、体調をみつつ化学療法を継続します。

膵がん

従来、転移・再発した膵がんに対しては、ゲムシタビンやティーエスワンによる化学療法が行われてきましたが、多剤併用療法であるFOLFIRINOX、ゲムシタビンとパクリタキセル製剤との併用療法など、より効果の高い治療が実施可能になりました。患者さまの全身状態をみながら、適切な治療を選択します。

胆管がん・胆嚢がん

胆管がんや胆嚢がんが転移・再発した場合には、シスプラチンとゲムシタビンの併用療法が第一選択となります。ティーエスワンも効果が期待できます。抗がん薬の種類は限られており、更なる治療開発が望まれます。

腎細胞がん

腎細胞がんに対しては、以前はインターフェロンなどのサイトカイン療法しか有効な治療がありませんでしたが、分子標的治療薬が近年続々と使用可能になり、治療選択肢が広がりました。根治術が行えない腎細胞がんに対しては、血管新生阻害効果を持つ、スニチニブ、アキシチニブ、パゾパニブ、mTOR阻害薬のエベロリムス、テムシロリムスが使用可能であり、免疫チェックポイントに作用する抗PD-1抗体であるニボルマブの登場も期待されています。

前立腺がん

前立腺がんに対しては、まず内分泌療法を行い、その効果がなくなれば化学療法を行うというのが一般的な考え方でしたが、転移・再発し腫瘍量の多い前立腺がんに対して内分泌療法と化学療法を同時に行うことで延命効果が増すということも、近年報告されています。また、内分泌療法では、従来の抗アンドロゲン薬とLHRHアゴニスト以外に、LHRHアンタゴニストのデガレリスク、新規抗アンドロゲン薬のアビラテロン、男性ホルモン合成酵素阻害薬のエンザルタミド、化学療法ではドセタキセル以外にカバジタキセルが使用可能となり、治療選択肢が増加しています。

膀胱がん・上部尿路上皮がん

進行期の膀胱がんに対しては、GC療法(シスプラチン+ゲムシタビン)が標準治療ですが、腎機能などを考慮して治療方針を決定します。上部尿路上皮がん(腎盂がん、尿管がん)では、膀胱がんに準じた治療を行います。

肺がん

肺がんは、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分類され、非小細胞肺がんは、更に腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんなどに分かれます。小細胞肺がんと非小細胞肺がんとで、治療内容は大きく異なります。
肺がんでは、保険適応となっている従来型の殺細胞性抗がん薬の数も多いですが、近年の分子生物学の進歩に伴い、腺がんなどでは、効果の期待できる患者さんを選んで、分子標的治療薬を使用することが可能となりました。EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(ゲフィチニブ、エルロチニブ、アファチニブ)、ALK阻害薬(クリゾチニブ、アレクチニブ)、血管新生阻害薬のベバシズマブなどがありますが、免疫チェックポイントに作用する抗PD-1抗体であるニボルマブも使用可能になりました。

骨軟部腫瘍(肉腫、サルコーマ)

骨軟部腫瘍は、骨肉腫、ユーイング肉腫などの骨原発のものと、内臓や軟部組織から発生する軟部組織原発のものにわけられます。横紋筋肉腫のように、化学療法に対する感受性がかなり高いものが若年発症の肉腫の中には少なからずあります。
アドリアマイシン、イホスファミドなどの抗がん薬を軸とした化学療法が長年行われてきましたが、軟部肉腫に対してはパゾパニブ、トラベクラジン、エリブリンが使用可能になり、徐々に進歩がみられます。

悪性黒色腫(メラノーマ)

悪性黒色腫(メラノーマ)は、長年、抗がん薬が効かない悪性腫瘍の代表格でしたが、ここ数年で免疫チェックポイントに作用する薬剤である、抗PD-1抗体のニボルマブ、抗CTLA-4抗体のイピリムマブなどが使用可能になり、長期生存例も出てきています。

神経内分泌腫瘍

神経内分泌腫瘍は、膵臓や消化管など、様々な臓器から発生する悪性腫瘍です。増殖能が低い神経内分泌腫瘍(NET)と増殖能の高い神経内分泌癌(NEC)、また膵臓原発か、その他の臓器原発かなどによって、使用する薬剤を決定します。
NETでは、ソマトスタチンアナログのオクトレオチド、スニチニブやエベロリムスのような分子標的治療薬による治療、NECでは腫瘍の性格が類似する小細胞肺がんに準じた化学療法が行われます。肝転移のみの場合は、肝動脈化学塞栓療法(TACE)も検討されます。

胚細胞腫瘍

胚細胞腫瘍は、若年者に発症しやすい、精巣、卵巣、縦隔、脳などから発生する悪性腫瘍です。セミノーマ(精上皮腫)と非セミノーマにわけられ、治療方針が異なってきます。胚細胞腫瘍の中で最も多い、精巣原発のセミノーマは、化学療法に対する感受性が非常に高く、BEP療法などの標準治療を100%の投与量で決まったスケジュールを遵守して行うことで、高い治癒率が期待できます。化学療法後に腫瘍が残った場合は、状況によっては手術の追加も考慮されます。

中枢神経腫瘍(脳腫瘍等)

中枢神経腫瘍(脳腫瘍等)に対しては、手術、放射線治療、化学療法を状況に応じて適切に行うことが重要です。原発性脳腫瘍のうち、最も頻度が高いのは神経膠腫であり、テモゾロマイドやベバシズマブの効果が期待できます。中枢神経系原発の悪性リンパ腫は、脳以外原発の悪性リンパ腫と治療方針が異なり、メソトレキセートの大量投与などが行われます。一方、他臓器のがんからの脳転移に対し化学療法を行う場合は、原発臓器のがんに対して効果の期待できる薬剤を使用します。

頭頸部がん

頭頸部がんには、口腔がん、鼻副鼻腔がん、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん、喉頭がん、唾液腺がんなどが含まれます。進行期の頭頸部原発の扁平上皮がんに対しては、シスプラチン、5FU、ドセタキセル、セツキシマブなどの薬剤が使用されます。上咽頭がんの発生には、EBウイルスが関与する場合があり、放射線治療や化学療法が効きやすく、進行期であっても化学放射線治療が標準治療になります。

甲状腺がん

甲状腺がんは、抗がん薬が期待できないがんとされてきましたが、根治切除不能な放射線ヨウ素治療不応甲状腺がんに対して、分子標的治療薬であるソラフェニブとレンバチニブの無増悪期間延長が証明され、生命予後の改善が期待できるようになっています。

原発性肝がん

原発性肝がんは、肝細胞がんや肝内胆管がんに分類されます。肝細胞がんでは手術、ラジオ波熱凝固療法、動脈化学塞栓療法などの役割が大きく、肝細胞がんでソラフェニブによる薬物療法の適応となるのは、多発転移のある進行例で、なおかつ肝機能が保たれている場合になります。
肝内胆管がんに対しては、胆管がんに対して用いる、シスプラチン、ゲムシタビン、ティーエスワンなどを用いた化学療法を行います。

原発不明がん

原発不明がんとは、全身を十分検査したにも関わらず、原発臓器が明らかにならない、がんを指します。原発不明がん診療ガイドライン(日本臨床腫瘍学会 編)がありますが、特定の治療を有するサブグループに入らない場合は、カルボプラチンとパクリタキセルの併用療法などを行うことを検討します。特定の治療を有するサブグループに入る場合は、グループ毎に決まった治療を行います。

悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病

悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、白血病などの造血器悪性腫瘍においても、分子生物学的手法を用いた新薬の開発は目覚しく、10年、20年前と比べると、生命予後も改善しています。当院の血液内科のホームページをご参照ください。

転移性骨腫瘍

転移性骨腫瘍(他臓器のがんからの骨への転移)に対しては、ゾレドロン酸やデノスマブを投与することにより、病的骨折や痛みなどの発症を遅らせる効果が期待できます。長期使用により顎骨骨髄炎が起る可能性が高まるため、歯科(他院)との病診連携も重要です。