診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  医療社会事業課  >  概要

医療社会事業課


医療社会事業課のご紹介

病気やけがによって、健康上の不安だけでなく経済面や生活面の様々な問題が発生することがあります。
医療社会事業課では、社会福祉士国家資格を取得したMSW(メディカルソーシャルワーカー)が所属し、患者さん、そのご家族の心理・社会的な相談をお受けし、安心して治療に専念いただけるよう、サポートします。また、地域の医療機関、施設、ケアマネジャー等、多職種・他機関と連携し、一人ひとりの患者さんの療養生活の支援を行っています。

相談方法

通院中の患者さん
医師、看護師を通じて相談いただくか、1階よろず相談室にご来室のうえご相談ください。

入院中の患者さん
スタッフを通じてご相談ください。また、1階よろず相談室もご利用いただけます。

主な相談内容

医療費や生活費などの相談
・治療費が高額になりそうだけど、どうしよう?
・入院費用が払えるか心配。
→高額療養費制度や特定疾患指定難病医療費助成制度、重度障害者医療費助成制度等
 患者さんの状況に応じて利用可能な医療・福祉制度の活用を支援します。
介護保険・福祉制度利用についての相談
・介護保険や障がい者手帳の申請はどうしたらいいの?
・ヘルパーに来てもらいたい。
・車椅子や介護用ベッドを借りたい。
→各種制度やサービス等の活用を支援します。
退院後の生活、療養についての相談
・このまま家に帰ることができるか心配
・もう少しリハビリがしたい
・長期療養できる病院や施設に入りたいけれどどうしたらいいかわからない
→医師・看護師・リハビリスタッフ等とも連携し、退院後の生活、療養先について相談対応いたします。


医療社会事業課