診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  心臓血管外科  >  低侵襲心臓手術 (MICS)/ステントグラフト治療

心臓血管外科

低侵襲心臓手術 (MICS)/ステントグラフト治療

低侵襲心臓手術 (MICS)

低侵襲心臓手術, Minimally Invasive Cardiac Surgery(MICS)

一般に心臓手術では、胸の真ん中を切開して胸骨という骨を切開する方法が用いられます。
それに対してMICSは、小さい切開創から肋骨の間を通して心臓にアプローチして手術を行います。MICSは切開創が小さいことで多くのメリットがあります。下にメリットについて述べています。疾患により必ずしも適用できないことがあります。

低侵襲心臓手術(MICS)のメリット

傷が小さく目立ちにくい
早期に退院できる
胸骨を切らないため、
✔出血量が少ない
✔感染リスクが少ない 
✔体への負担が少なく、術後の回復が早い
✔術後運動制限が少なく、リハビリを進めやすい
内視鏡下MICSでは、胸を広げための開胸器を使用しないために術後疼痛が少ないことが多い
内視鏡が写した映像をモニターに大きく写すことで、手術部位をはっきりと確認でき、術者だけでなく手術室スタッフ全員が見ることができ、チーム全体が手術の流れをよく理解できることにつながる

※体への負担については手術時間も関係します。患者さんの特徴や、手術の種類によっては、MICSで施行すると逆に手術時間がかなり長時間となる場合があり、そのような場合は胸骨正中切開での手術をお勧めします。

当院の低侵襲心臓手術(MICS)

  • ・当院では、一般的にMICSが導入しやすい僧帽弁病変以外にも、大動脈弁病変や不整脈や冠動脈病変に対する手術も施行しています。
  • ・MICSには、肋骨を開胸器で広げて心臓を直接見ながら行う「直視下によるMICS」と、胸を広げる際に開胸器を使わず、内視鏡を挿入してモニターを見ながら手術を行う「内視鏡下MICS」があります。内視鏡下で行うMICSは、従来の直視下によるMICSよりさらに小さい切開で手術ができます。
  • ・患者さんの状況によりますが、当院では僧帽弁手術、大動脈手術、心房細動に対する手術では多くの場合内視鏡下MICSを施行しています。

低侵襲大動脈弁手術の創部

  • ・手術技術の進歩により、手術創は次第に小さくなり、また体の正面から見えない位置になってきています。創は小さくなっただけ、創部痛も少なくなり、社会復帰までの時間も早くなることが多いです

低侵襲僧帽弁手術の創部

  • ・人工心肺不使用の低侵襲心房細動手術(ウルフ・オオツカ法)も施行しています。

ステントグラフト治療

ステントグラフト治療とは

動脈の本幹である大動脈に、動脈硬化や組織の異常が原因で動脈瘤ができることがあります。動脈瘤は大きくなるにつれ、破裂や大動脈解離といった致命的なイベントが起こりやすくなります。治療方法として、人工血管の置換術とステントグラフト内挿術があります。
人工血管置換術のほうが確実性が高いものの、手術の侵襲はやや大きく体力のない患者さんには不向きとなります。ステントグラフト内挿術は、大きな切開創を要せずに術後回復も早いため、手術侵襲に耐えられないような体力のない患者さんも受けることができる治療です。

ステントグラフトのイラスト

ステントグラフト治療のメリット

  • ・ステントグラフト内挿術は、大きな切開創を要せずに術後回復も早いため、手術侵襲に耐えられないような体力のない患者さんも受けることができる治療です。
  • ・体への負担が少ないため、術後の回復が早く社会復帰も早いです。
  • ・傷が小さく目立ちにくいです。

当院のステントグラフト治療体制

  • ・2018年からステントグラフト治療を開始し、2021年7月18日時点で101例の治療を経験しました。
  • ・ステントグラフト治療を実施する医師は経験に応じて実施医と指導医が規定されています。当院では、胸部ステントグラフトの指導医が2名、腹部ステントグラフトは指導医が3名在籍しています。

ほとんど切開の無いステントグラフト治療をしています

  • ・2021年からステントグラフト治療について保険適応とされた穿刺部止血デバイスを使用して、ほとんど切開の無い手術を施行しています。傷がほとんどないので、従来の治療法に比べて痛みが少ないようです。

手術痕