診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  循環器内科  >  病気・検査・治療

循環器内科

病気・検査・治療


動悸

動悸とは心臓の拍動を自分で感じられる状態をいい、正常の人でも、運動直後や驚いたとき等に感じられます。貧血や甲状腺疾患、精神的ストレスなど心臓以外の病気でも生じますが、心臓の疾患(不整脈)としては以下のようなものがあげられます。

拍動の種類

  • 正常の拍動

一定のリズムで1分間に60~70回拍動します。

 
  • 洞性頻脈、発作性上室性頻拍、WPW症候群

一定のリズムで1分間に140~160回拍動します。正常の2~3倍の速さで拍動します。

 
  • 上室性期外収縮、心室性期外収縮

一定の間隔の中に、タイミングをずらして拍動します。脈がとんだ感じに拍動します。

 
  • 心房細動(慢性、発作性)

まったく、ばらばらに拍動します。

 

動悸の評価を行うための検査

  • ・24時間心電図(ホルター)
  • ・運動負荷検査(トレッドミル)
  • ・心臓超音波(心エコー) など

なお、動悸は一時的なことが多く、発作時の心電図でしかわからないことがほとんどです。ご自身で橈骨動脈(手首の動脈)、頸動脈(首の動脈)で脈拍をチェックしていただき、診断していただくことが必要になります。

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 


胸痛

胃、食道に関連した病気

食事の前後で症状が出現することがあります。消化器内科のご受診をお勧めします。

肺に関連した病気

咳をしたり息を吸ったときに痛みがでたり、息苦しさを伴うことがよくあります。呼吸器内科のご受診をお勧めします。

筋肉、骨に関連した病気

圧痛、姿勢の変化で痛みが出現します。整形外科のご受診をお勧めします。

精神的な病気

安静時、就寝時、ストレスを感じるときによくおこります。精査の結果、明らかな異常が認められない場合は精神科、心療内科でご相談ください。

循環器・血管に関連した病気

大動脈瘤・大動脈解離
胸から背中にかけて突き抜けるような激痛が持続します。
不整脈
数秒から数分(ときには数時間)動悸や軽い胸痛を自覚します。
違和感として自覚する場合もあります。
狭心症
労作時に胸痛が出現することが多いですが、進行すると安静時にも自覚するようになります。
朝方にも胸痛を自覚することがあります。
心筋梗塞
30分以上胸痛が持続することが多いです。命にかかわりますので、そのような症状がある方は看護師に早めにお伝えください。
肺塞栓症、肺梗塞
足の静脈にできた血栓(血の塊)が肺に流れついて閉塞し、呼吸困難感と同時に胸痛として自覚することがあります。

胸痛の評価を行うための検査

安静時心電図、胸部X線、血液検査、CT
24時間心電図(ホルター)、運動負荷検査(トレッドミル)
心臓超音波(心エコー)、心臓核医学検査(心筋シンチ)   など

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。


心臓について

心臓は4つの部分からできています。


  • ・血管(冠動脈)
  • ・筋肉(心筋)
  • ・弁
  • ・電線

各部分の障害が進行すると病気になり、さらに悪化すると心不全になります。

 

心筋(心臓を動かす筋肉)

心臓は全身に血液を拍出し回収するポンプの働きをしており、二対の心房・心室、つまり右心房、左心房、右心室、左心室から成ります。心臓のサイズは握りこぶしほどの大きさで、それぞれの壁は、心房よりも心室が、同じ心室でも左心室の方が厚くなっています。また、心臓は血液の逆流を防止するために4つの弁を持っており、弁は右心房と右心室、右心室と肺動脈、左心房と左心室、左心室と大動脈の間に存在します。

 

筋肉が伸びて心臓が大きくなると拡張型心筋症になります。(左図)
筋肉が分厚くなり心臓が大きくなると肥大型心筋症となります。(右図)

 

弁(血液の逆流を予防する扉)

(1)大動脈弁 (2)僧房弁 (3)肺動脈弁 (4)三尖弁と4つの弁があり、閉まらなくなる(a)と逆流が、開かなくなる(b)と狭窄が起こり心臓に負担がかかります。

刺激伝導路(心臓を動かす発電所、電線)

【(1)発電所(洞結節)】⇒電線(心房)⇒【(2)中継所(房室結節)】⇒電線(心室)

遅い不整脈

  • ●発電所不良・・・洞不全症候群
  • ●断線   ・・・房室ブロック

早い不整脈

  • ●闇の発電所・・・心房細動
  • ●闇の電線 ・・・心房頻拍、心室頻拍
 

冠動脈(心臓に栄養を送る血管)

  • 正常の血管

心臓に栄養を送る血管を冠動脈といいます。

 
  • 狭心症

(1) 動脈硬化に伴い血管が細くなると狭心症冠動脈
 
  • 心筋梗塞

(2) 詰まってしまうと心筋梗塞になります。

 
  • 冠攣縮性狭心症

(3) 血管自身が痙攣して細くなる狭心症もあります。

 

足の浮腫(むくみ)

体の臓器に障害が生じ、水分バランスが崩れたり、局所的に感染が生じたりすると、下半身にむくみが現れます。
原因がよくわからない特発性の場合もあります。病状によっては、内科だけでなく皮膚科も受診する必要があります。

 

浮腫(むくみ)の症状がでる主な原因

  • ・心不全
  • ・腎不全
  • ・静脈血栓症
  • ・甲状腺機能障害
  • ・肝疾患、低栄養
  • ・リウマチ・膠原病
  • ・感染
  • ・高齢、運動不足
  • ・特発性浮腫(むくみ)

足のむくみの原因を調べるための検査

  • ・血液検査
  • ・心臓超音波(心エコー)
  • ・下肢静脈エコー
  • ・下肢造影CT
  • ・下肢MRI     など

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 


めまい・失神

めまい・失神の原因は、大きく分けて次の3つがあります。


  • ・循環器的な問題
  • ・頭蓋内の問題
  • ・耳鼻科的な問題
循環器的な問題の場合
低血圧などの自律神経の異常や不整脈などが原因となることがあります。
頭蓋内の問題の場合
脳の血管の閉塞や出血、腫瘍などがあります。
耳鼻科的な問題の場合
耳鼻科的な問題については耳鼻科を受診していただきます。
病状によっては、入院して精査することもあります。

めまい・失神の原因を調べるための検査

  • ・24時間心電図(ホルター)
  • ・運動負荷検査(トレッドミル)
  • ・心臓超音波(心エコー)
  • ・他の内科的検査
  • ・頸動脈エコー
  • ・頭部CT
  • ・頭部MRI

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 


高血圧

血圧上昇の原因として大きく2つに分けられます

本態性高血圧
動脈硬化に伴い、血圧が上昇します。
2次性高血圧
病気の症状の1つとして血圧を上げるホルモンが増加し、血圧が上昇します。病気の改善に伴い血圧が低下することがあります。

高血圧が持続/放置すると、脳や心臓、腎臓などの動脈硬化が進行し脳梗塞、心筋梗塞の原因になる可能性があります。その障害の程度や2次性高血圧の評価を行うため以下の検査を行います。140以下/90以下でのコントロールを目指します。

障害の程度や2次性高血圧の評価を行うための検査

  • ・心臓超音波(心エコー)
  • ・頸部血管エコー
  • ・腹部エコー
  • ・CT
  • ・腎臓MRI
  • ・腎動脈エコー
  • ・特殊採血(レニン・アルドステロンなど、一般の検診などでは調べません。)

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 


不整脈

脈拍が正常よりも速く(100/分以上)あるいは正常よりも遅く(60/分未満)打つ場合、あるいは不規則に打つものを不整脈といいます。不整脈には健康な人にも見られる、運動時の洞性頻脈や睡眠中の洞性徐脈、期外収縮などがありますが、動悸の原因になる心房細動や発作性上室性頻拍など、少数ですが致死的な心室細動や心室頻拍、完全房室ブロックなどがあり、不整脈の種類と基礎心疾患の有無が重要です。

不整脈の種類や重症度を調べるための検査

  • ・心電図
  • ・24時間心電図(ホルター)
  • ・心臓超音波(心エコー)
  • ・運動
  • ・負荷検査(トレッドミル)

※患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
※専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 



狭心症

原因と症状

心筋を栄養する冠動脈が、動脈硬化や冠攣縮(一時的な痙攣)で、内腔が狭窄し心筋が血流不足に陥る病気です。
症状は、突然起こる前胸部全体の絞約感や重圧感で、通常5~10分以内に収まりますが、長ければ危険です。
高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満、喫煙など危険因子のある方は罹患しやすく要注意です。

主な治療法

薬物治療(常に必要)、カテーテル治療、冠動脈バイパス手術があります。バイパス手術は全身麻酔による治療ですが、通常1回で治療は完了します。カテーテル治療は、冠動脈形成術(風船療法)といわれ、特殊な風船やステント(網状の筒)などで血管を広げる局所麻酔の治療です。再狭窄を生じ再治療を要する場合が5~20%ありますが、手術よりは負担が軽くより安全です。冠攣縮性狭心症は、通常薬物療法のみで治療されます。

治療スケジュール

ホルター心電図、運動負荷心電図などの検査を行い、最終的に冠動脈造影で確定診断を行います。造影で狭窄の場所と程度が正確に把握でき、冠攣縮も実証できます。40分ほどの検査ですが、1~2泊の入院が必要です。
冠動脈の血行再建が必要な場合は侵襲的治療を行いますが、カテーテル治療は通常3~4日間、冠動脈バイパス手術は、通常3週間程度の入院が必要です。


心筋梗塞

原因と症状

心筋を栄養する冠動脈が、動脈硬化と血栓で内腔を完全に閉塞すると、血量途絶のため通常強烈な胸の苦悶感が長く持続します。胸の症状は軽くて、呼吸困難などの心不全症状の方が強い方もあります。急性心筋梗塞は10%程度の入院死亡率があり、突然死もしばしばです。通常40歳以上の冠危険因子(高血圧、高脂血症、糖尿病、喫煙、肥満)を持った人に生じやすいです。

主な治療法

早急に閉塞した血管を再疎通させることが肝要で、血栓溶解薬の静注、緊急冠動脈造影および緊急カテーテル治療などが行われます。合併症に応じて、一時的ペーシングや補助循環も行われます。緊急バイパス手術は稀です。

治療スケジュール

当初はCCU(集中治療室)で入院管理され、絶対安静の後、座位、歩行と2~3週間かけて、心臓の回復に合わせて運動量を上げていく、心臓リハビリテーションを施行します。その間、再発予防の指導、食事指導などを行います。


閉塞性動脈硬化症

原因と症状

下肢を栄養する血管が動脈硬化により狭窄・閉塞し、しびれ、冷感、間欠性跛行を自覚し始め、重症化すると安静時疼痛、指趾潰瘍・壊死を認めます。危険因子としては、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満などの生活習慣病および喫煙習慣、虚血性心疾患の既往、尿血管障害の既往、ストレスなどがあげられます。

主な治療法

まず禁煙・危険因子の管理をし、薬物療法、運動療法を行います。改善のない場合、経皮的下肢動脈形成術やバイパス術を行います。

治療スケジュール

2泊3日(1泊2日)で入院していただき、冠動脈を含めたカテーテル検査で精査を行います。全身状態を把握したのち、治療方針を決定します。カテーテル治療になる場合、3泊4日(2泊3日)で再度入院していただき、治療を行います。
指趾潰瘍・壊死を伴う場合、皮膚科・形成外科と協力しながら治療方針を決定していきます。


徐脈性不整脈

原因と症状

全身に血液をおくる心臓の4つの部屋のうち右心房と左心房が不規則に細かく振るえ、まとまった収縮がなくなり脈が乱れる病気です。発作的にこの不整脈が生じた場合、脈が突然速くなりリズムの乱れがあるので、動悸、胸のつまる感じ、息苦しさを感じます。また心房細動では心房の中で血液がよどみ、血の固まり(血栓)ができやすくなります。
できた血栓が飛んで脳の動脈につまると脳梗塞(脳塞栓)を生じるので予防が必要です。脳梗塞の2割前後は心房細動が原因といわれています。

主な治療法

心房細動を正常の脈(洞調律)にもどすリズムコントロール
心房細動が発症して短期間であれば心房細動そのものをとめることを試みます。
抗不整脈薬の静脈注射あるいは経口薬による方法と、麻酔下による電気ショックによる方法があります。
脈拍数を正常に保つ心拍数コントロール
心房細動は持続していますが心拍数を適当な値に薬でコントロールすることにより、動悸などの自覚症状や心不全を防ぐ治療です。
脳塞栓を予防する抗凝固療法
脳塞栓などの塞栓症を予防するため、血液が固まりにくくする薬を飲んでいただいて、心房の中で血栓ができるのを予防します。出血が止まりにくくなるため、服薬量のコントロール、抜歯時の注意、外傷時の注意が必要です。


経皮的冠動脈形成術

病気

心筋を栄養する冠動脈の血管壁に生じた粥腫が大きくなって内腔を狭窄し、心筋への血流不足が生じれば狭心症として胸の絞約感を生じ、粥腫に血栓が付着し血管を完全に閉塞すれば、急性心筋梗塞として強烈な胸の苦悶感が長く持続します。
最近発症の狭心症や、狭心症発作回数、痛みの程度や持続時間などが増悪してくる場合は、急性心筋梗塞に移行する可能性が高く、早急に入院治療が必要です。もし急性心筋梗塞に移行すれば10%~20%の生命の危険もあり狭心症の段階で治療することが重要です。

治療法

開胸手術をせずに、局所麻酔で手首や肘や足の付け根の血管から、カテーテルという細い管を使い、狭窄した血管を、バルーン(風船)やステント(網状の筒)などで押し広げる治療法と、狭窄部の粥腫を削り取るアテレクトミー治療とがあります。胸を開いて全身麻酔で行うバイパス手術に比べ患者さまへの負担が少ないという利点がありますが、治療した血管が再び狭くなる”再狭窄”を起こす場合が15~20%あります。しかし、2004年8月から、再狭窄率が5%程度の優れた『薬剤溶出性ステント』が、日本でも使用できるようになっています。

標準的な治療スケジュール

狭心症や心筋梗塞が疑われたら冠動脈造影検査などを行い、治療方針を決定します。検査は1時間以内に終了しますが、1~2泊の入院が必要です。
経皮的冠動脈形成術(カテーテル治療)の場合、手首からなら治療当日、足の付け根からでは治療前日の入院で、治療後通常2~3日で退院可能です。カテーテル治療は通常1~1.5時間程度ですが、状況により2時間を超える場合もあります。足の付け根から治療しても止血デバイスを使えば、床上安静は3~5時間でその後は座位が可能です。退院後も外来通院が必要です。


経皮的下肢動脈形成術

病気

閉塞性動脈硬化症

治療法

局所麻酔で肘や足の付け根の血管から、カテーテルという細い管を使い、狭窄した血管をバルーン(風船)やステント(網状の筒)などで押し広げる治療法です。

標準的な治療スケジュール

2泊3日(1泊2日)で入院していただき、冠動脈を含めたカテーテル検査で精査を行います。病変部位を把握したのち、治療方針を決定し、カテーテル治療になる場合、3泊4日(2泊3日)で再度入院していただき、治療を行います。


ペースメーカ留置術

病気

何らかの原因で心臓の拍動が止まったり著明に遅くなると、全身への血液の循環が不十分になって種々の障害が出たり、失神したり時に生命に危険が及びます。眼前暗黒感、めまい、ふらつき、動悸、息切れなどの症状もあります。心臓には、収縮を命令する指令センター『洞結節』と、その指令を伝える『刺激伝導系』とがあり、洞結節からの指令は心房、心室の順に伝わり心臓が収縮します。

完全房室ブロック
洞結節からの命令を伝える刺激伝導系という導線が切れてしまった状態で、心室は心房とは別に勝手にゆっくりとしたリズムで収縮し、意識消失や突然死の危険があります。
洞不全症候群
洞結節の異常により起こります。収縮の指令の回数が40回/分以下と極端に少なくなったり、突然収縮の指令が出せなくなって5秒も6秒も停止し失神したりする病気です。

治療法

左または右胸の鎖骨の下付近から、注射する要領で電気を伝える細い導線(リード)を心臓まで挿入して、ペースメーカー本体と接続します。本体は、直径4cm前後の大きさで重さ20g程度の円盤状の小さなもので、皮膚を5cm程度切開して、鎖骨の下の皮膚と筋肉の間に植え込みます。本体は精巧なコンピューター機能を備えた電池で、心臓の電気的活動を常に感知して、必要な場合に電気を発して心臓を刺激し、突然の心停止や著明な徐脈や頻脈に対応します。

標準的な治療スケジュール

術前にペースメーカーの必要性や植え込む機種の検討のために、心臓電気生理学的検査を行います。足の付け根から電極カテーテルという細い管を心臓に挿入して、心臓の中から詳しい心電図をとる1~1.5時間の検査で、2泊3日の入院が必要です。
ペースメーカー植え込み術は、手術室で局所麻酔で行う1~1.5時間程度の手術ですが、切開した皮膚の抜糸が終わるまでの通常7~10日間の入院です。植え込んだ腕の挙上は90°までに制限されますが早期退院は可能で、希望があれば外来で抜糸します。


外来で行う検査について

24時間心電図(ホルター)

24時間心電図を装着し、日記をつけていただきます。症状出現時には随時ボタンを押し、症状自覚時の心電図変化と照らし合わせ、病気の診断を行います。
朝、検査室に来ていただき装着し、その後は通常通りの生活をしていただき、翌朝回収します。(装着中、お風呂には入れません)

  • 24時間心電図

 

 

 

 

 

運動負荷検査(トレッドミル)

運動負荷検査心電図を装着しランニングマシーンを歩いていただき、徐々にスピードや傾きを強くすることで、心臓に負担(負荷)をかけて検査をします。

  • 運動負荷検査

心エコー

超音波を用いて体表から心臓の動きや大きさ、先天性異常、弁膜症などを評価します。

頸動脈エコー

超音波を用いて首の血管(頸動脈)の血流や動脈硬化の程度を評価します。

腎動脈エコー

超音波を用いて腎動脈の血流を評価します。血流が悪くなると、血圧上昇につながることがあります。

 

血圧脈波検査(ABI, baPWV)

腕の血圧と足の血圧を比較します。閉塞性動脈硬化症の診断に有用であり、足の血流が低下するとABIの値も低下します。

心筋核医学検査

心臓に集積するラジオアイソトープ(放射線物質)を静脈注射し、安静時と負荷時(薬剤や運動で負荷をかけます)で比較を行い、心筋への血流の分布を評価します。心筋梗塞、狭心症の診断に有用です。

 

心臓(冠動脈)CT

体に造影剤を注入し非侵襲的に冠動脈を撮影することで、急性心筋梗塞の原因となるプラーク検出や冠動脈内の動脈硬化の状態や狭窄を評価することができます。
造影剤を投与することにより冠動脈を描出します。
お薬で脈を遅くしながら撮影します。

 

当院外来でできる検査について

24時間心電図(ホルタ—)

24時間心電図を装着し、日記をつけていただきます。症状出現時には随時ボタンを押し、 症状自覚時の心電図変化と照らし合わせ、病気の診断を行います。 朝、検査室に来ていただき装着し、その後は通常通りの生活をしていただき、翌朝回収します。 (装着中、お風呂には入れません)

運動負荷検査(トレッドミル)

心電図を装着しランニングマシーンを歩いていただき、徐々にスピードや傾きを強くすることで、 心臓に負担(負荷)をかけて検査をします。

心エコー

心臓の動き、弁(フタ)の開き具合を評価します。

頸動脈エコー

首の血管(頸動脈)の血流や動脈硬化の程度を評価します。血流が悪くなると、失神を起こす ことがあります。

腎動脈エコー

腎動脈の血流を評価します。血流が悪くなると、血圧上昇につながることがあります。

ABI

腕の血圧と、足の血圧を比較します。足の血管が詰まってくると値が低下します。

心筋核医学検査

運動や薬剤で心臓に負担(負荷)をかけ、心臓の評価を行います。ラジオアイソトープ(放射性物質)を用いますので、検査に約3万円程度かかります。

心臓(冠動脈)CT

体に造影剤を注入し非侵襲的に冠動脈を撮影することで、動脈硬化の性状や狭窄を評価することができます。


胸痛精査のすすめ方

狭心症とは労作に伴い胸痛、胸部圧迫感を自覚する病気です。したがって、運動や薬で心臓に負担をかけて評価を行います。ただし、少しずつ症状が進行し、安静時でも胸痛が出現し始めた場合には、すぐに入院して詳しく調べる場合もあります。
まず、採血、レントゲン、心電図を行います。 次に、以下の3種類の検査で、さらに詳しく検査を行います。


  • トレッドミル・・・心電図を装着し、ベルトコ ンベア上を走って、心電図変化、症状の有無を確認します。
  • 心筋シンチ・・・心臓に集まる放射線物質(ラジオアイソトープ)を点滴し、運動時、安静時の集まりを評価します。運動時に染まらない部分は血のめぐりが悪い(狭心症)と判断します。
  • 冠動脈CT・・・造影剤を用いたCTを撮影し、冠動脈の狭窄部位、閉塞部位を評価します。

上記の検査を行い、さらにカテーテルでの詳しい検査が必要となった場合は入院となります。

*患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
*専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。
 


カテーテル入院について

狭心症、心筋梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症など血管の状態を評価するために専用の血管造影室でカテーテル検査を行います。 まず手首、肘、鼠径部の動脈よりシースを留置し、血管との交通路を作り、そこからカテーテルを挿入して、目的の部分へ進め、造影剤を用いて撮影します。検査の結果、狭窄部、閉塞部が見つかれば、治療を行います。

*患者さまの病状により検査内容が変わることがあります。
*専門用語に関してはインターネットなどで検索できるように省略していません。