診療科・部門

ホーム  >  診療科・部門一覧  >  麻酔科・ペインクリニック  >  概要

麻酔科・ペインクリニック


概要

当院麻酔科は、麻酔診療において、第一に安全である、第二に患者さまにとってできるだけ苦痛の少ない管理を実施することを目指しています。手術麻酔における麻酔科医の役割とは「手術中、患者さまの大切な命を守る」ということに尽きます。また、麻酔を実施する前に、患者さまの体が麻酔と手術に耐えられるかどうかを判断しなければなりません。安全に麻酔管理を行うには、術前の麻酔科外来診察での評価に基づく十分な準備が不可欠であると言えます。もちろん、術前に麻酔科医が麻酔管理の説明を行い、ご理解と同意を得ることを原則にしています。術後の痛みに対しては、硬膜外麻酔などいろいろな方法で、できるだけ苦痛の軽減を図っております。麻酔に関するご相談がありましたら、いつでもお気軽にご連絡下さい。

ペインクリニック外来について

さまざまな痛みの軽減を目的とし、原因となる病態の診断と治療を行います。通常の消炎鎮痛薬が有効でなく、痛みのコントロールが難しい方は、一度ご相談ください。

詳しくは、こちらをご覧ください。

スタッフ紹介

川村 光喜

役職 コメディカル部長、麻酔科部長
学会専門医・認定医
日本麻酔科学会麻酔科専門医・指導医
日本心臓血管麻酔学会認定心臓血管麻酔専門医・評議員
日本救急医学会救急科専門医
ACLS大阪認定インストラクター
日本救急医学会ICLSインストラクター
麻酔科標榜医
日本心臓血管麻酔学会 評議員
京都府立医科大学臨床教授

平松 典子

役職 部長
学会専門医・認定医
日本麻酔科学会麻酔科専門医
麻酔科標榜医

長間 智利

役職 副医長
学会専門医・認定医
日本麻酔科学会麻酔科認定医・麻酔科専門医
日本医師会認定産業医
日本心臓血管麻酔学会日本周術期経食道心エコー認定医(JB-POT)
麻酔科標榜医

概要

さまざまな痛みの軽減を目的とし、原因となる病態の診断と治療を行います。 通常の消炎鎮痛薬が有効でなく、痛みのコントロールが難しい方は、一度ご相談ください。

主な対象疾患

  • ・慢性の腰下肢痛
  • ・帯状疱疹(ほうしん)による痛み
  • ・神経障害性疼痛
  • ・頭痛・顔面痛・顔面神経麻痺(まひ)
  • ・肩の痛み
  • ・血行障害
  • ・原因の明らかでない痛み など

特に帯状疱疹は、急性期のうちの早期の神経ブロックにより、慢性痛に移行するのを予防できる可能性が高いです。

治療は、神経ブロックを中心に、近赤外線照射、低周波電気刺激療法、薬物療法(漢方薬を含む)を行っております。特に、神経ブロックは最新式の超音波装置を導入し、安全かつ確実なブロックを行うよう努めています。

スタッフ紹介

波多野 貴彦 (はたの きよひこ)

役職 非常勤医師
学会専門医・認定医
京都府立医科大学疼痛・緩和医療学講座
日本麻酔科学会麻酔科専門医
日本ペインクリニック学会専門医


麻酔科・ペインクリニック